読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事実を整える

政治関連など報道されていることで、よくわからない点や誤解が多い点について、事実に基づいて整理します

ニュース女子問題のBPO審議入りと関連して、改めて長谷川幸洋論説副主幹について整理してみる

長谷川幸洋とは

長谷川幸洋さんといえば、東京新聞の論説副主幹であり、東京MXの「ニュース女子」の司会等、社外の活動を公式に認められている方です。
なお、オフィス・トゥー・ワンに所属している「タレント」でもあるんですね。

 

HPを見ると、あの「久米宏」と同じカテゴリーなんですね(笑)
久米宏報道ステーションの前身番組「ニュースステーション」のキャスター。報道ステーションに移行後、古館伊知郎がキャスターを務めることに。
 
東京新聞と長谷川さんは、今モメていますが、その原因はニュース女子問題に対する東京新聞側の「不可解な謝罪」に端を欲しています。
 

ニュース女子問題 

「のりこえねっと」共同代の辛淑玉(シン・スゴ)が「テロ・犯罪行為の黒幕であるとの誤った情報を視聴者に故意に提示した」として、BPOの放送人権委員会に申し立てをした問題。
 
簡単に言うと、沖縄の基地反対運動の取材と、それについての出演者の発言が、
 
ヘイトだ!
 
と言われている問題です。
(全くヘイトではないんですが…これについては別日記にてヘイト禁止法の立案に関与した参議院議員西田昌司議員のコメントを紹介しています)
 
それはまた別の話として、なぜ長谷川さんが所属する東京新聞から叩かれているのか?
 
東京新聞2月2日の朝刊の、深田実・論説主幹名の社説にて、「理由」が述べられています。
「(番組の)内容が本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なることはまず明言しておかなくてはなりません。加えて、事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものでもありません」
「残念なのは、そのことが偏見を助長して沖縄の人々の心情、立場をより深く傷つけ、また基地問題が歪められて伝えられ皆で真摯に議論する機会が失われかねないということでもあります」

「副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」

 えー、つまりですね。
 
長谷川さんがただその場に居たこと自体が問題である
 
と言っているんですね。
ヘイトと非難されている発言等をしたのは、別の出演者であって、長谷川さんはそれに同調することもなかったし、そもそもヘイト発言では決してないものだったのですから、発言を制止することもしていません。
 
東京新聞と東京MXは関係ありません。 
なお、ニュース女子の番組制作はDHCシアターが行っており、それを東京MXに持ち込んで放映しているという形態をとっています。
※再検証番組が3月13日に地上波でオンエアされる予定でしたが、東京MX並びに全国の地方局が放送を拒否。理由はBPOが怖いから、ということでした。再検証番組は、ネットでのみ公開されている状況です。

【DHC】最大70%OFFのSALE開催中!

 
これは闇が深い問題ですね。
 

過去の発言:東京新聞と長谷川さんの関係

スカパーのニュースザップという番組の2015年4月6日放送時に、 かつて長谷川さんが会社のオーナーに以下のように言われたと発言していました。
 
もう君の好き勝手にやってもいいよ。その代わりに1つ条件がある。君をこれ以上偉くすることはできない。」
 
この話は、サラリーマンの本質、日本のジャーナリズムの根本問題と関連しており、記録に留めるべきだと思いました。
 
このようなことを長谷川さん自身から発言されていたことから、長谷川さんは、東京新聞社内においては、基本的に勝ち目がないと踏んでいるのでしょう。
 
ただ、東京新聞も世間の目が怖いのであって、その点を長谷川さんは意識して、ニュース女子の番組内や他の媒体において世間に呼びかけをしているのでしょう。
 

勘違いしてはいけないこと

こうしてみると、長谷川さんは
「長いモノに巻かれずに自分を貫いていてカッケー!」
と思ってしまいがちですが、そう話は単純ではないと思います。
 
まず、長谷川さんは第一に「ジャーナリスト」という立場であるということです。
単なる社員であるならば、雇用主の意向に従うことが比較的優先されるべきという価値判断も働くでしょうが、長谷川さんは何らの指令があるわけでもなく社外で活動することを許されているのですから、その論評は本来的に会社が制限できるものではありません。
 
次に、どういう経緯かはわかりませんが、長谷川さんは事務所に所属する「タレント」でもあるわけです。こういう特殊な立場であるからこそ、所属する新聞社と異なる見解をTVで述べたとしても、「お咎めなし」として放置されていたというのが実態だと思います。
 
決して長谷川さん個人の力のみで、ここまで戦ってこれたわけではないのではないか
こう考えるべきなのではないかと私は思います。
 
もちろん、そのような「力」など関係なしに、本来ジャーナリストというのは独立した事実の伝達者であって、自己が所属する組織の意見の代弁者であるという前提があってはならないと思います。
 

BPOの審議入りということの意味

なお、ニュース女子問題の状況ですが
に入ったという状況です。以下、引用部分はBPOサイトのものです。
BPOには以下の委員会があります。
  1. 放送人権委員会
  2. 青少年委員会
青少年委員会は、ざっくりいえばエロ要素関係や、子役タレントが深夜営業している等の疑惑がある場合です。
 
放送倫理検証委員会と、放送人権委員会の違いですが、
 
放送倫理検証委員会は、BPOが独自に調査検証できる
放送人権委員会は、被害者からの申立てを受けてから「審理」するかを決める
 
また、BPOのWebサイトには、「審議」と「審理」について以下のような説明があります。
 
「放送倫理上問題がある」と指摘された番組は審議、「内容の一部に虚偽がある」と指摘された番組は「審理」
 
つまり、「のりこえねっと」共同代の辛淑玉(シン・スゴ)の申立ては、放送人権委員会では門前払いされ放送倫理検証委員会でも内容には虚偽は無いという判断がされたということです。
 
そして、審議と審理の場合、その後行われるBPOの行動結果が異なります。
 
「審議」の場合は「意見」を出すことができます。
 
「審理」の場合は放送局に「勧告」やそれより緩やかな「見解」を通知します。この場合、放送局に再発防止を求める場合があります。
 
つまり、物事の重大さで言えば
 
「審議」<<「審理」
 
ということになります。 もちろん、「放送内容に良くない問題がある」とは、まだ言えない状況です。
 

まとめ

  • 「審議」入りということは、内容は正しいということに
  • 辛淑玉(シン・スゴ)の申立ては、放送人権委員会では門前払いされ放送倫理検証委員会でも内容には虚偽は無いという判断がされたということを意味する
  • 結果が出るまでは、良くないことがあったということにはならない
  • BPOの判断もまた一つの見解に過ぎない

現時点では、検証番組を見て各自が判断していくべきでしょう。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村